季節が戻ったような暖かな日

庭のモミジ
菊芋…この先、少しずつ掘っていきます
パリでシングルファザーとして暮らす辻仁成「新型コロナがやってきた」で始まる2020/2/01からの日常 当初、台地で鬱々と過ごした日々を思い返し、そしてこの先も続きそうな窮屈な生活を予感しながら読み終えました!

“季節が戻ったような暖かな日” への2件の返信

  1. 行きつ戻りつを繰り返しながら、本番を迎える季節でしょうか?

    冬を迎える前のひと時でしょうね!・
    それにしても、台地は色とりどりで華やかです!

    前にもお伝えしたように、見沼田んぼのキクイモは消えてしまったようです、ひと際、ノッポのキクイモが揺れ動く景色を見なくなりました。

  2. ここの所、10月のような気候でおかしな日が続いていますが、この反動が怖いです。

    台地の家のモミジも、濃い赤や、華やかな赤、オレンジ色、黄色と一本一本色合が違い、それぞれ競っているような!

    菊芋は、スーパーフードといわれていますが、効能を実感しています!
    都市では旺盛な繁殖なので無理でしょうが、毎年取り残したお芋が種芋になって増えて収穫できます。
    手間といえば、増え過ぎないように何度か間引きをすることだけです。

コメントは受け付けていません。